時短勤務にして労働時間を減らしたら気持ちがとても軽くなった

雑記
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今の仕事が8時間勤務のため、他の趣味や副業をするにも時間的余裕がなかったことから、労働時間を減らして時間的な余裕を作ろうと考えたのが、事の始まり。

幸い、本業の他にも多くはないものの収入源があったことも、後押しになりました。

今回は子育てに伴う時間勤務という形を取りましたが、8時間勤務が6時間勤務になっただけでも大きな変化でした。

時短勤務になって1週間程度が経ったので、現時点で感じたことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子育て世代には時短勤務がおススメ

私の本職はマネジメント業務。

人とチームをマネジメントする仕事です。

ただ、一度流れに乗ってしまえば、後は適宜修正をしていくだけで日頃の業務はさほど多くないです。

それと、そこまで月給額が大きくないのが正直なところ。


「自分の給料=職場での自分の価値」

そう思ってからは今の仕事に対して長く続ける気にはならなくなったのが本音です。

今の仕事は10年くらいしていますが、給料は全然上がっていなく(ボーナスは上がっているので、年収自体は少し上がっていますが)それでも業務量があまり変化ないので、これからの時代、今の働き方で良いのかな、と。

これからの時代はリスク分散

数年前に子供が産まれるのをきっかけにして生命保険を見直したのですが、その生命保険の商品のうち、月の保険料から数%を投資に充てるものがあります。

自分では直接投資しておらず、基本ほったらかしなのですが、この数年で運用実績が10%程度で推移しているので、実績としてはまずまず。

ただ、この生命保険を見直す時にリスクについてファイナンシャルプランナーの人とかなり話をしたことが、自分の収入について深く考えることになったきっかけ。

ファイナンシャルプランナーの人と話していて思いましたが、今の時代は一つの会社に勤めて給料を貰うだけは、かえってリスクが高くなってしまうということ。

  • 今の収入が続く保証は?
  • 今の会社が倒産しないという根拠は?
  • 今の会社からリストラされないという保証は?

そう考えた時に、何も対策していないなと感じたので、投資の世界で使われているポートフォリオを作った方がいいと感じるようになりました。

それからは本業の収入に加えて、何か副業を作ろうと考えた時に、今の仕事ではあまりにも時間が取れないということに気がつきました。

時短勤務を取ろうと思ったきっかけ

ちなみに我が家は奥さんも上の子が産まれてから育休を取得し、育休後も時短勤務で働いています。

自分は本業の仕事のほか、サッカーのコーチもしているので、平日の夜はほとんど家にいません。

練習のある日であれば、仕事から帰ってきてもすぐに出て行ってしまうことに加えて、試合のある週末は土日もいないことがちらほら…。

これでは子供達に自分が父親だという認識が薄れてしまうのではと痛感し、収入も大事ですが、それ以上に大切なものがあると思い、会社では初となる男性の時短勤務を申請しました。

時短勤務の申請はあっさりと通った

今の職場の上司があまり話のわからない人だったので、その人よりも上の話がわかる人に相談したのが良かったのかも知れません。

(人に恵まれるってのはすごく大切)

子供と過ごす時間を取りたいこと、奥さんも時短勤務しているが奥さんの負担が大きいことを伝えたところ、あっさりと人事部に話を持っていってくれました。

時短勤務は雇用契約で決められた労働時間から最大2時間控除することが出来るので、現在は朝の1時間と夕方の1時間を控除して貰っています。

正直なところ、給料は2割ほど下がりますが、有給日数も変化なく、ボーナスにも影響がないので、月の収入が減ってしまいます。

ただ、それでもメリットはあると思います。

時短勤務になったら子供と過ごす時間が長くなった

我が家は保育園の送り迎えを夫婦で分けています。

朝の送りは奥さんが担当して夕方の迎えを自分が行っています。

そのため、朝の少しの時間で勉強やブログを書くことが出来るようになりました。

そして、帰りは子供達を迎えに行ったあと、奥さんが帰って来るまでの間は子供達と一緒に公園に行って遊べるようにもなりました。

色々な考えはあると思いますが、自分は男性も時短勤務をすることをおススメしたいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
うぱ

マネジメントの仕事とサッカーコーチを続けているミレニアル世代。
5歳と3歳の女の子と奥さんとの4人暮らし。
BESSでのログハウス生活を満喫しています。

うぱをフォローする
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
うぱをフォローする
Fot-Log
タイトルとURLをコピーしました